介護保険事業

介護保険事業

居宅介護支援事業

安心して在宅生活が送れるよう、介護保険法令の趣旨に従って居宅サービス計画(ケアプラン)の作成を支援します。

詳しくはこちら

訪問介護事業

ホームヘルパーをご自宅に派遣して、介護保険法に基づく身体介護や生活援助等のサービスを提供いたします。

詳しくはこちら

通所介護事業

下郷町老人デイサービスセンターでは介護保険法に基づく通所介護事業及び、介護予防通所介護事業を、提供しています。

詳しくはこちら

訪問入浴介護事業

ご自宅での入浴が困難な方、外出が困難な方に対して、専門スタッフがご自宅を訪問して安全・安心・快適な入浴サービスを提供いたします。

詳しくはこちら


居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所は、利用者の皆様が安心して在宅生活が送れるよう、介護保険法令の趣旨に従って居宅サービス計画(ケアプラン)の作成を支援し、居宅サービス等の提供が確保されるようサービス提供事業者との連絡調整等を図ります。ケアプラン作成からサービス利用まで、ケアマネジャーがお手伝いいたします。また、ご利用できる介護サービスはたくさんありますので、ご相談ください。

サービス利用までの流れ

 申し込みをお受けします。

 ご自宅まで訪問し、相談・状況把握します。

 ご契約いただきます。

 ケアプランの原案を作成します。

 介護サービス事業所の担当者と、連絡調整をします。

 ケアプランを必要に応じて変更・確定します。

 ケアプランの内容について、同意をいただきます。

 各種サービスの利用開始となります。 

 ケアプランの作成料は介護度によって発生しますが、

  現在のところ個人負担はありません。


訪問介護

 訪問介護事業所は、ホームヘルパーを自宅に派遣して、介護保険法に基づく身体介護や生活援助等のサービスを提供いたします。
 いつまでもご自宅でいきいきと暮らせるよう、お手伝いをさせていただきます。

主なサービス内容

身体介護サービス 

排泄介助、食事介助、身体の清拭、入浴介助、更衣の介助、服薬介助、通院・外出の介助、など

生活援助サービス

掃除、洗濯、調理、買い物、薬の受け取り、衣類の整理、ベットメイク、など

自立支援ホームヘルプサービス事業(町より委託を受けている事業)

介護保険の要支援・要介護認定が非該当で、日常生活に支障があり支援が必要な65歳以上のひとり暮らし、または高齢者世帯の方を対象に、軽易な日常生活上のサービスを行います。


通所介護(デイサービス)

1日の流れ

8時30分〜9時00頃バスで、家までお迎えにあがります。
車椅子の方も安心です。準備をしてお待ちください。
9時30分センター到着です。
看護師さんが体温・血圧・脈を測ります。
10時00分入浴です。
温泉に入って、心も身体もリフレッシュしましょう。
12時00分お昼ご飯の時間です。
栄養満点のお食事をお楽しみください。
14時00分リハビリの時間です。
個別に機能訓練したり、みんなでリハビリ体操を行います。
14時45分ゲームをして、おなかの底から笑いましょう。
体を動かしたら一休み。おやつを食べながらお茶を飲み、1日を振り返りましょう。
16時25分
(4月から10月まで)

15時30分
(11月から3月まで)
お帰りのバスが出発します。
責任を持ってご自宅までお送りします。

訪問入浴介護

訪問入浴介護事業では、ご自宅での入浴が困難な方、外出が困難な方に対して、専門スタッフ(看護師・介護福祉士)がご自宅を訪問して安全・安心・快適な入浴サービスを提供いたします。

主なサービス内容

訪問入浴

ご利用様の居宅(自宅)を訪問し、浴槽を提供して入浴の介助を行います。

清拭又は部分浴

訪問時のご利用者様の身体状況等から全身入浴が困難な場合は、希望により清拭又は部分浴(洗髪・陰部洗浄・足浴など)を行います。